幼稚園選び  Masago Daiichi Kindergarten
 トップページへ戻る
  主な教育内容
  年間行事
  幼稚園選び
  アクティヴィティーズ
  周辺地図
  未就園児教室 
  入園案内 
  ECO 
   

 幼稚園は慎重にお選びください。

3〜4才期の子供たちは、社会生活の大切さを知り始めます。

 子どもは3才ごろになると言葉の意味を少しずつ理解できるようになり、会話も自由になってきます。いわゆる自我の目ざめがはじまります。自分と他人の区別がつき、同時に遊び相手がほしくなってくる時期でもあるのです。しかし、 自我に目ざめたとはいえ、まだまだ現実と非現実の区別がつかない子ども達ですから、すこやかに育てていくためには豊かな環境が必要です。また創造力をのばし 、情操を養い、自立心、協調心を身につけていくためには、様々な体験が必要です。幼稚園は集団生活を通して、これからの社会生活の基礎となる多くのことを 体験し学習する小さな社会です。ですから、やり直すことのできないこの時期を真剣に考えたいものです。

 

 集団生活をとおして子ども達は大きく育ちます。 
 
 様々な子ども達が幼稚園に集まってきます。子ども達は今までとは違った生活環境で、はじめはとまどいがちですが、変化にあふれる園内活動を通して友達をつくり、次第に自分の世界を広げていきます。幼稚園は子ども達がつくる小さな社会、学校です。絵を描いたり歌をうたい、言葉遊び、数遊び等楽しいことがいっぱいあります。けれども必ず守らなければならないルールもあります。幼児期でなければ興味をもつことの出来ない多くの体験をとおして、多くの友達と仲良くやっていくためのルールを学び、人間としての基礎を身につけていきます。 


幼稚園は、幼児期の発達の特性に照らして、幼児の自発的な活動としての遊びを重要な学習として位置づけ、幼稚園教育要領に従って教育課程が編成され、国の設置基準を満たした適切な設備・施設のもとに、教育の専門家である教員による組織的・計画的な指導を、子供たちにとってベストな環境を通して行っております。

なぜ、遊びが重要なのか?
・園児は主体的に対象とかかわり自己を表現し、遊びを通して自分を出すようになります。
・小学校以降さまざまな学習のなかで知恵を蓄えていきますがその基礎を培うのが幼児期の遊びです。遊びを通して外の世界に対する好奇心がはぐくまれ、探求し、物事について考察し、知恵を蓄えるための基礎が形成されます。
・物や人とのかかわりにおける自己表現を通して、人とかかわる力や他人の存在に気付くなど、自己を取り巻く社会への感覚を養います。


幼稚園選びの基本は、幼稚園を見学し、在園児の様子、園の雰囲気、園の特徴等を実際に見るとことが大切です。どこの幼稚園も親切に対応してくれますので気軽に電話してください。


Copyright (C) 2009 Masago Daiichi Kindergarten. All Rights Reserved.

真砂第一幼稚園